インプラント

インプラント治療とは

インプラント治療とは

インプラントとは、あごの骨に人工歯根を埋め込むことで、「第2の歯」を作ることができる治療方法です。見た目も天然歯と変わらず、食事のときにも違和感がほとんどありません。

近年、さまざまな原因で歯を失ってしまった場合の治療方法のひとつとして、インプラント治療を選ぶ人も増えています。

インプラントのメリット・デメリット

メリット

  • 強度に優れているので、しっかり噛むことができる。
  • 天然歯と見た目がほとんど同じなので、他人に気づかれにくい。
  • 他の歯に負担をかけることがない。

デメリット

  • 外科手術が必要
  • あごの骨がやせている場合は、治療ができない場合がある
  • インプラント上部に磁石がついた構造物を使用した場合、MRIやCT検査に影響を及ぼすことがある
  • 1本でも高額な費用がかかる

インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れ

インプラント治療には、大きく分けて「1回法」と「2回法」の2つの治療方法があります。
ここでは、2回法についてご説明します。

インプラント手術 2回法

1埋入手術(1回目の手術)

1 埋入手術(1回目の手術)

十分な麻酔の処置を行います。その後インプラント本体になるフィクスチュアーの本体の埋め込みを行い、インプラントの土台部分を作成します。
歯茎を少し切開し、小さな穴をあけるために骨をつつむ粘膜をはがします。そこにフィクスチュアーを埋入し骨とわせます。フィクスチュアーにカバーをかぶせ2次手術に備えます。

2縫合

2 縫合

フィクスチュアー自体を完全に埋没させるために、フィクスチュアーの上から歯肉を閉じ合わせを行います。

3骨結合を待ちます

3 骨結合を待ちます

あごの骨を結合させるために3~6ヶ月経過を観察します。
その間は、定期検診などを行い仮歯を使用し過ごしていただきます。

4つなぎ目をつける(2回目の手術)

4 つなぎ目をつける(2回目の手術)

3〜6ヶ月後結合が確認されましたら、人工歯のつなぎ目にアバットメントをつけます。
土台の型とりのインプラント2次処置は埋入処置後、約3~6ヶ月後に行います。

5人工歯をかぶせる

5 人工歯をかぶせる

仮歯を外し、完成した上部構造である人工歯をつけます。

6メンテナンス

インプラントは治療終了後、継続的なメンテナンスが大切になりますのでお気をつけください。

インフ_ラント1

術前

右下のブリッジの土台となってる歯が痛いとのこと。

インフ_ラント2

術後

右下に2本インプラント埋入して、土台の歯の負担を減らし、そのまま残せる状態にしました。

インフ_ラント3

術前

左下一本分の歯抜けで物がよく詰まるとのこと。

インフ_ラント4

術後

一本インプラント埋入して、両脇の歯をそのまま保存できる状態とした。

インフ_ラント5

術前

もともとインプラントを、右下に埋入されており。とても調子がいいので、今回は前歯が破折していたので、インプラント希望された。

インフ_ラント6

術後

破折した歯を抜歯し、左上前歯にインプラントを一本埋入した。

インフ_ラント7

術前

右下ブリッジ痛み出たので、よく噛めてる左下同様にインプラントにしたい。

インフ_ラント8

術後

残せるご自身の歯を残しながら、インプラント埋入しました。

処置内容料金(税抜)
インプラント(人工歯根)手術250,000円~
上部構造(メタルボンド)100,000円~
上部構造(メタルクラウン)60,000円~
骨移植処置50,000円~
自家骨補填処置50,000円~
人工骨補填処置50,000円~
GBR(骨誘導再生)・GTR(組織誘導再生)50,000円~
エムドゲイン(1~2歯につき)50,000円~